最新ホームページを3万円で作る方法 なぜあなたはホームページ制作会社にだまされるのか?

ネットビジネス 15分間シリーズ シークレット特典付き

【最新ホームページを3万円で作る方法 なぜあなたはホームページ制作会社にだまされるのか?】
《アジアネット起業塾 ネットビジネス 15分間シリーズ シークレット特典付き》

・本来は、私が主催する「アジアネット起業塾」(https://scrts.jp/)で、音声やメール相談等で教えているノウハウですが、本書では本でも伝えられる部分を最大限取り出して紹介します。私が長年の試行錯誤を積み重ねてきた末につかんだ最新ノウハウを参考にすれば、あなたのネットビジネス、ネット起業がスムーズになります。
・本書は「アジアネット起業塾 15分間シリーズ」として余計な情報はできるだけ省き、1つのテーマに絞って本当に重要なことだけをわかりやすくまとめています。

【目次】━━━━━━━
■ネット起業家が泣いて喜ぶ「シークレット特典」の受け取り方
■未来のネットビジネスを変えることになる、あなたへ……
■アジアネット起業塾 「15分間シリーズ」のご案内
■はじめに
■なぜあなたはホームページ制作会社にだまされるのか?
■最新ホームページは誰でも3万円、1時間で作れる
■能なしネットコンサルタント あなたはこのようにカモにされている
■初心者こそ「無料ブログ」は絶対使ってはいけない
■いつまでたってもあなたがだまされる2つの理由
■3万円で作るホームページの7ステップ
■ステップ1: SOHOを探す
■ステップ2: ドメイン取得
■ステップ3: レンタルサーバー
■ステップ4: ワードプレス
■ステップ5: 最新SEO対策
■ステップ6: レスポンシブデザイン
■ステップ7: 2つ目、3つ目のホームページを作る
■最新ホームページ制作費用が1万2千円!?
■あなたに最適なSOHOを見つけるには?
■最後に…
■Kindle読者様への特別なご案内

【本文より抜粋】━━━━━━━
なぜあなたはホームページ制作会社にだまされるのか?

 タイトルを見て、「3万円でホームページが作れるのか?」といぶかしむ声が上がりそうです。実際にホームページ制作会社に依頼すれば、一式作るのに30万円以上かかったりします。ひとつのホームページを作るには、HTMLやJavaScript、jQueryなどのホームページを作るための最新ルールを駆使し、またPhotoshopやIllustrator等の操作に熟練したプロのデザイナーによるロゴやバナーデザイン制作、そして場合によってはメールフォームなどのプログラムの導入やGoogle Analyticsのようなアクセス解析などの各種ツールが必要なこともあります。それを「3万円」とは、いくらなんでも即席すぎないか、オマエはホームページ制作をナメているのではないか?

 そうでしょう。そう思うのが良識というものです。

 仮に3万円で作ることができたとしても、デザインがしょぼくて見映えの良くないホームページだったなら、結局は時間とお金をドブに捨てることになるでしょう。

 私が初めてホームページを自作したのは、1995年頃でした。当時はHTMLというホームページを作るためのルールをエディターという文章作成ソフトを使って作っていました。その後、ホームページを簡単に作ることができる各種ソフトが登場し、ホームページ制作が飛躍的に簡単になりました。そして現在は「ワードプレス」全盛期です。ワードプレスとは、誰でも簡単に、見映えの良いホームページを作ることができるツールの名前です。

 1995年といえば、マイクロソフト社のウインドウズ95が発売された年です。日本では、インターネットが爆発的に普及した時期でもあります。それまでパソコンやインターネットに縁のなかった人も、ウインドウズ95の登場によって関心を持ち始め、日本でインターネットが普及するきっかけとなりました。

 その記念すべき1995年頃からホームページを自作してきた私が最も驚いたことがあります。それは、「3万円で作れるホームページを30万円以上で売っている人たちがいる」ということです。
(本編に続く…)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。