ベンチャーキャピタルから巨額の投資話が来たときの対処法

ベンチャーキャピタルから巨額の投資話が来たときの対処法■ ベンチャーキャピタルから巨額の投資話が来たときの対処法

0円起業 = スタートアップ起業は、あなたのアイデアをビジネスとして実現し、収入を得るには最もよい手段の一つです。

あなたのアイデアが優れたものであれば、クラウドファンディングでたくさんのお金を集めることができるでしょう。そしてもしかすると「ベンチャーキャピタル」と呼ばれる投資集団が、あなたのビジネスに巨額のお金を投資してくれるかも知れません。

あなたがスタートアップ起業で自分のアイデアを実現させたいなら、必要な資金はクラウドファンディングだけで十分に集まります。しかし、あなたのアイデアが優れたものであれば、クラウドファンディング以外のところからもお金が集まってきます。

「ベンチャーキャピタル」とは、新興ビジネスに投資して、その新興ビジネスが成長したら、投資したお金を利息をつけて返してもらうという組織です。その新興ビジネスが株式上場すれば、その上場利益の一部がベンチャーキャピタルの儲けとなる場合もあります。ですからあなたのアイデアがすばらしいものであれば、ベンチャーキャピタルから巨額の投資を受けられる可能性があります。

しかし、ここで一つ注意点があります。つまり、お金を投資するけれど、あなたのビジネスを乗っ取ることを最終的な目的にしているベンチャーキャピタルもある、ということです。

ほとんどのベンチャーキャピタルは、あなたのビジネスを応援するためにお金を投資してくれます。しかしごく一部のベンチャーキャピタルは、あなたのビジネスを乗っ取ることを目的としている場合もあります。

では、どのようにしてこういったベンチャーキャピタルからあなたのビジネスを守ればいいでしょうか。

具体的には、まずそのベンチャーキャピタルの過去の実績を確認することです。巨額のお金を投資してくれるという話を聞くと、おそらくあなたは舞い上がってしまい、「お金がもらえる!」と言うことで頭がいっぱいになってしまうはずです。ですからここで一度冷静になり、お金を投資してもらう前に、そのベンチャーキャピタルの本当の目的を確認する必要があります。それには、そのベンチャーキャピタルの過去の実績を確認するのが一番手っ取り早し方法です。さらに、そのベンチャーキャピタルが過去に投資した会社の経営者に直接会って、話を聞くといいでしょう。

また、弁護士や、税理士、公認会計士などの中には、ベンチャーキャピタルとの交渉を専門に行っているところもあります。企業買収、企業融資、ベンチャーキャピタルなどを専門に扱っている弁護士、税理士、公認会計士に相談すれば、さらに詳しく正しい情報を得ることができます。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。