テクノロジー黄金時代のスタートアップ起業

テクノロジー黄金時代のスタートアップ起業■ テクノロジー黄金時代のスタートアップ起業

Amazon founder Jeff Bezos says when it comes to technology, “We’re on the edge of the golden era.”
Amazonの創業者ジェフ・ベゾスは、「テクノロジー黄金時代が来ている」と語った。
(参照: Amazon’s Jeff Bezos: ‘Golden era’ of technology is coming

最新テクノロジーには、主に次のようなものがあります。

  • 3つのクラウド(クラウドソーシング、クラウドソーシング、クラウドコンピューティング)
  • モバイルファースト、モバイルオンリー
  • 仮想通貨
  • 位置情報
  • IoT
  • ビッグデーター
  • フィンテック革命
  • VR
  • AI
  • ロボット工学
  • 宇宙事業

これらの最新テクノロジーを活用した起業は「スタートアップ起業」と呼ばれ、世界中でその先駆者が新しいビジネスを立ち上げています。

2000年頃には、パソコンとインターネットの普及で、IT起業が一大ブームになりました。ホームページ制作、SEO対策、アフィリエイト、ネットショップ販売など、今あるネットビジネスのほとんどが、この時期に誕生しています。

2010年頃には、「スマホ」を利用したビジネスのブームになります。Airbnb、Uber、LINE、Viberなど、現在世界的に普及している「スマホアプリ」は、ほとんどこの時期に誕生しています。

そして2015年以降は、「スタートアップ起業」の時代です。スタートアップ起業とは、仮想通貨、位置情報、IoT、ビッグデーター、フィンテック革命、VR、AI、ロボット工学、宇宙事業などの最新テクノロジーを活用した新しい起業方法です。

「スタートアップ起業」の特長は、これまでのIT起業やスマホアプリとは比較にならないほどの大きなテクノロジーの変革を活用していることです。

冒頭のAmazonの創業者ジェフ・ベゾスも、この新しい時代を見据えて、「テクノロジーの黄金時代が来ている」と語っているわけです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。