スタートアップ起業の最大の利点は「お金が全く必要ない」こと

スタートアップ起業の最大の利点は「お金が全く必要ない」こと■ スタートアップ起業の最大の利点は「お金が全く必要ない」こと

スタートアップとは、最新のテクノロジーやIT技術などを活用した起業方法です。

このスタートアップ起業の最大の利点は、「起業するためのお金が全く必要ない」という点でしょう。スタートアップで起業するために、お金は一切必要ありません。

会社を設立する必要もありませんし、ホームページを作る必要もありません。あなたが考えたオリジナルの商品を販売したい場合、そのオリジナル商品の試作品を作るという費用さえ必要ありません。

あえて言うなら、スタートアップ起業するにはパソコンとインターネット回線が必要になりますから、その費用は必要になります。しかしあなたがこのページの内容を読んでいるということは、既にパソコンとインターネットはあるはずですから、それを使えば費用はかかりません。

スタートアップ起業にお金は一切かからない、会社設立もホームページ制作も必要ない、ましてや、自分のアイデアを実現した商品を販売する際の試作品の製作費用さえも必要ないというのは、にわかには信じられないかも知れません。しかし、実際にこれらのお金は一切必要ないのです。

なぜ一切のお金が必要ないのか、具体的なスタートアップ起業の流れで説明していきましょう。

例えば、あなたが「従来のベビーカーの振動を10分の1に軽減する、全く新しいベビーカー」のアイデアを持っていたとします。このアイデアを実現するためには、まず試作品を作る必要があります。ここで利用されるのが、「クラウドファンディング」という仕組みです。

クラウドファンディングとは、あなたのアイデアに対してお金を出してくれる人を見つけてくれるサイトのことです。

まず、あなたの「従来のベビーカーの振動を10分の1に軽減する、全く新しいベビーカー」というアイデアを「クラウドファンディング」に掲載します。そしてそのアイデアが受け入れられれば、それを実現するためのお金が集まります。つまり、あなたはアイデアだけを出し、それをクラウドファンディングに掲載すれば、それを実現するためのお金が集まるのです。

このように説明すると、「それじゃ、アイデアが受け入れられなければ、お金が集まらないじゃないか」と思うでしょう。確かにその通りです。いくらあなたが斬新なアイデアだと思っていても、他の人がそれに同調してくれなければ、クラウドファンディングを利用してもお金は集まりません。

でもよく考えてみてください。あなたのアイデアにお金が集まらないということは、そもそもそのアイデアを無理に実現する価値がない、ということです。つまりクラウドファンディングは、あなたのアイデアが世間で受け入れられるかテストする場所でもあるわけです。

クラウドファンディングは、あなたのアイデアに需要があるかを簡単にテストできる場所でもあるのです。あなたのアイデアに同調してくれる人が集まらなければお金も集まりませんが、それでいいわけです。無理にそのアイデアを現実化させる価値が(残念ながら)なかったということがこの時点で分かったのですから、それ以上の余計なお金やムダな時間をかけずに済んだのです。

あなたのアイデアが受け入れられれば、お金が集まります。そしてそのお金を元に、「従来のベビーカーの振動を10分の1に軽減する、全く新しいベビーカー」の試作品を作ることができるようになります。

ここまでで、お金はいくらかかったでしょうか? そう、1円もかかっていません。1円もかけずに、あなたの夢を実現することができるのが、スタートアップ起業の最大の利点です。

あとはそれを中国などの工場で安く作ってもらい、世界に向けて販売すればいいわけです。ここまで来ればその商品が売れると分かっているわけですから、あとは作って販売するだけです。販売した売上(=お金)が入ってくるわけですから、それを元本にさらに売って売って売りまくればいいわけです。

従来であれば、例えばラーメン店で起業するには1000万円以上の初期費用が必要でした。ネットでビジネスをするにしても、ホームページを作ったり、広告宣伝する費用が必要でした。ところがスタートアップ起業は、自分のお金を全く使わずに、最新テクノロジーやIT技術を活用したビジネスで起業し、儲けることができるわけです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。