「自転車に取り付ける風力充電器」も、流体力学の専門家などと相談して充電効率を上げれば、あなたの商品に注目が集まる

スタートアップとは?


スタートアップとは、起業の中でも、最新のテクノロジーを活用した起業方法のことを指します。

起業・開業と言えば、多くの人が「ラーメン店の開業」、「掃除ビジネスで起業」などを思い浮かべると思います。ネットビジネスに詳しい人なら、「アフィリエイト起業」、「ネット輸出入起業」などを思い浮かべるかも知れません。これらの起業、開業は、店舗を借りて設備を整えたり、ウェブサイトを作って商品を仕入れて販売したりします。

スタートアップはこれとは異なり、最新のテクノロジーを活用した起業方法です。

スタートアップで活用される最新テクノロジーには、主に次のようなものがあります。

  1. 3つのクラウド(クラウドソーシング、クラウドソーシング、クラウドコンピューティング)
  2. モバイルファースト、モバイルオンリー
  3. 仮想通貨
  4. 位置情報
  5. IoT
  6. ビッグデーター
  7. フィンテック革命
  8. VR
  9. AI
  10. ロボット工学
  11. 宇宙事業

これらを組み合わせて、アイデアをビジネスとして実現させていくわけですね。

スタートアップで最も重要なことは、アイデアを生み出すことです。
アイデアさえあれば、あとはクラウドファンディングでお金を集め、クラウドワーカーと協力してそのアイデアを実現させることができます。

例えば、「自転車に取り付ける風力充電器」というアイデアを思いついたとしましょう。既に同じようなアイデアを誰かが実現していたとしても、そこに新しいアイデアをつけくわえたり、従来品の機能を改良すれば、あなたオリジナルの新しい商品として販売することができます。

「自転車に取り付ける風力充電器」も、流体力学の専門家などと相談して充電効率を上げれば、あなたの商品に注目が集まる 「自転車に取り付ける風力充電器」も、流体力学の専門家などと相談して充電効率を上げれば、あなたの商品に注目が集まる。(出展サイト■)

流体力学の専門家に相談して、充電効率を30%アップさせた商品を作れば、従来品よりあなたの商品に注目が集まります。それを商品化するためのお金はクラウドファンディングで集めることができます。実際の商品化は、クラウドソーシングで作ってくれる人を探せばいいわけです。

アイデアさえあれば、あとはそれを実現するためのお金やスタッフ、技術などは全て手に入る時代になったわけです。

テクノロジーの進化によって、新しいビジネスを始めることがとても簡単になりました。それに気がついた世界中の人たちが、さまざまな分野で独自のアイデアを元に起業しています。このような「最新テクノロジー」を活用した起業を「スタートアップ」と呼んでいるわけです。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。