あなたが知らない「動画コミュニケーションビジネス」最新情報 アジアネット起業塾 2015年7月 月刊音声セミナーの内容 151ページ カラー資料(文字びっしり) 1時間28分 の音声解説 スポンサーなしの真剣トーク!

「動画コミュニケーションビジネス」最新情報


2015年7月アジアネット起業塾 月刊音声セミナーのご案内

アジアネット起業塾の今月の音声セミナーでは、「あなたが知らない動画コミュニケーションビジネス最新情報」と「一般財団(社団)法人ビジネス」の2大特集です。

動画ビジネスといえば、ほとんどの人は「YouTubeによる広告収入」を思い浮かべると思います。スマホなどで動画を撮影してYouTubeで公開し、見てくれた人の数に応じて報酬がもらえるというビジネスです。この手法で収入を得る人たちのことをユーチューバーと呼び、多額の収入を得ているというニュースをあなたも聞いたことがあるでしょう。

しかしいま、YouTubeで稼ぐ時代は終わったと言われています。
YouTube動画は1回再生させれるごとに0.1円の報酬をもたらすと言われていました。しかしその報酬の割合が半分以下まで下落しているのです。たとえば100万回再生されるヒット動画を作ることができたとしても、5万円以下の収入にしかなりません。これではやっていくことができませんね。

動画ビジネスといえば、「スカイプオンライン英会話」も成功事例として挙げられるでしょう。スカイプというパソコン同士で無料通話できるソフトを利用し、人件費が格安で英語が堪能な人材が豊富に揃っているフィリピンを活用して低価格で英語を教えよう、というビジネスです。スカイプを使えば、日本とフィリピンを結んでテレビ電話のように英会話レッスンをすることができます。スカイプオンライン英会話で株式上場した会社もあります。

しかしこれも1年半以上前から指摘しているとおり、仕組みとしては一昔前のものです。新しいアイディアを持った人が新しい仕組みでオンライン英会話をはじめてしまえば、スカイプ英会話ビジネスはたちまち窮地に立たされることになるでしょう。

動画ビジネスには大きな可能性があります。ほとんどの人が気がついていない新しい動画ビジネスのアイディアはたくさんあります。見る人が見れば、大きなインパクトを秘めた動画ビジネスが、誰の手も付けられないまま放置されている状態なのです。

アジアネット起業塾の月刊音声セミナーでは、たびたび動画コミュニケーションビジネスを取り上げていますが、今回はその最新版を解説していきます。

もう1つの特集は、「一般財団法人ビジネス」です。
一般財団法人ビジネスは、別名インストラクター事業、新家元制度などとも呼ばれています。

最近、「一般財団法人○○ネット輸出協会」などの財団法人や○○協会などが乱立していることに、あなたも気が付いているはずです。なぜこのような協会ビジネスが続々と立ち上がっているかといえば、それはあるカラクリがあるからです。

そのカラクリを理解できれば、あなたも一般財団法人ビジネスの可能性を活用することができますし、このビジネスモデルにだまされない知識を得ることもできるわけです。今回の音声セミナーでは、この一般財団法人ビジネスの最新動向をご説明します。

※毎回大好評の「A塾アマゾン輸出専門のネット塾」の最新音声セミナーも無料で受講できます。両方合わせると350ページ(文字びっしり)のカラー資料と3時間33分の音声セミナーを受講できる最後のチャンスです。

ご案内

  • ブログ等では書けないノウハウも、カラー資料(文字びっしり)と音声で分かりやすく解説します。
  • 内容は変更になる場合があリます。
  • 2015年07月度の月刊音声セミナーは06月末日までに会員となられていた方のみが対象です。資料は07月営業初日の午前中に配布予定です。
  • 本資料、ブログ、書籍、セミナー等で、見返りをもらっていたり、知人だからという理由で紹介している情報、サービス等は一切ありません。全て「あなたにとって有益かどうか」で判断しています。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。