Airbnbはおっちょこちょいにやらせておけ! 3年後あなたがAirbnb業界の覇権を握るための3ステップとは?

【目次】━━━━━━━
■ネット起業家が泣いて喜ぶシークレット特典の受け取り方
■そもそも「Airbnb」とは?
■Airbnbはどれくらい儲かるのか?
■Airbnbの付属サービスが急拡大
■シェアリングエコノミー
■Airbnbはお金に目がくらんだおっちょこちょいにやらせておけ!
■Airbnb推奨者はそのリスクを語らない
■3年後あなたがAirbnbビジネスの覇権を握る3ステップとは?
■あなたの快進撃はここから始まる!
■Airbnbとシェアリングエコノミー最新動向
■最後に…
■Kindle読者様への特別なご案内

【本文より抜粋】━━━━━━━
いま、Airbnb(エアビーアンドビー)というビジネスが一躍注目を集めています。

Airbnbビジネスとは、自分の部屋を他の人に貸して収入を得る、という新しい事業です。
従来のような賃貸契約とは異なり、主に「旅行者」に対して部屋を貸す、というビジネスです。
つまり、「短期宿泊型のホテル業」、「旅館業」と言えます。「民泊」などと表現されることもあります。

自分の部屋を短期間だけ旅行者に貸すというビジネスは以前からありましたが、近年のネット環境の発展により、貸したい人と借りたい人をマッチングさせることが簡単にできるようになったため、日本のみならず世界中でこの分野のビジネスが急速に拡大しているのです。

確かにAirbnbは将来有望なビジネスです。Airbnb関連の書籍やブログ、セミナーなどでも「始めるには今が絶好のタイミング」と力説されています。しかし、いまAirbnbを始めるにはリスクが高すぎます。法律的にもグレーゾーンであり、Airbnb関連の様々なトラブルも増えているからです。

加えて、いまあなたがAirbnbを始めてしまったら、さらに大きなビジネスチャンスを見逃すことになってしまいます。

いまあなたが本当にやるべきことは、お金に目がくらんだおっちょこちょいが危険を冒し、時間とお金を犠牲にして得た経験や情報・ノウハウを、あとで丸ごと頂戴するための準備をしておくことです。

あなた自身が危険を冒してこの新しいビジネスを始める必要はありません。そのようなことは、何も知らない人たちにやらせておけばいいのです。その間にあなたは、彼らが苦労して築き上げたものを、あとでありがたく受けとる準備をしておきましょう。

では、なぜAirbnbビジネスを始めてはいけないのか、その具体的な理由をご説明していきましょう。そして最後に、あなたが3年後にAirbnb業界およびシェアリングエコノミー業界の覇権を握るための具体的な3ステップについて解説していきます。
(本編に続く…)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。