アジアチャンス 日本とアジアのネットで稼ぐ! 成功の3キーワード

ネットビジネス 15分間シリーズ シークレット特典付き

【アジアチャンス 日本とアジアのネットで稼ぐ! 成功の3キーワード】
《アジアネット起業塾 ネットビジネス 15分間シリーズ シークレット特典付き》

・本来は、私が主催する「アジアネット起業塾」(http://scrts.jp/)で、音声やメール相談等で教えているノウハウですが、本書では本でも伝えられる部分を最大限取り出して紹介します。私が長年の試行錯誤を積み重ねてきた末につかんだ最新ノウハウを参考にすれば、あなたのネットビジネス、ネット起業がスムーズになります。
・本書は「アジアネット起業塾 15分間シリーズ」として余計な情報はできるだけ省き、1つのテーマに絞って本当に重要なことだけをわかりやすくまとめています。

【目次】━━━━━━━
■ネット起業家が泣いて喜ぶ「シークレット特典」の受け取り方
■未来のネットビジネスを変えることになる、あなたへ……
■アジアネット起業塾 「15分間シリーズ」のご案内
■はじめに
■なぜ、日本を離れてフィリピンにいるのか。
■2030年までに世界をリードする最強地域は「アジア」
■1. 安い人件費を武器に各種ネットビジネスを日本に提供する
■社長と3人のウェブデザイナーの運命はどうなるのか?
■社長は会社経営を続けることができなくなる
■解雇された日本人ウェブデザイナーはどうなるか
■同じことは、ネットビジネスのあらゆる場面で起こる
■2. アジアのネットビジネス界をリードする
■アジアに目を向ければ千載一遇のチャンスがゴロゴロ転がっている
■3. 日本とアジアの両方で稼ぐ
■部屋にいながら日本とアジアのネットで稼ぐ
■社会貢献としてのアジアネット起業
■迷走する日本のネット起業家を尻目に…
■最後に…
■Kindle読者様への特別なご案内

【本文より抜粋】━━━━━━━
 私はいま、フィリピンの首都マニラでこの原稿を執筆しています。2年ほど前、東京からフィリピンに移住し、永住権も取得しました。私はずっとここでビジネスをしたり、住み続けることができます。

 なぜ、日本を離れてフィリピンにいるのか。

 それは、拠点を国内に限定したり、日本語を理解する消費者だけをターゲットにした戦略をとっていたら、そんな自分はあっという間に淘汰されてしまうだろうという危機感をずっと抱いていたからです。

 2013年に「2030年世界はこう変わる」という本が出版されました。米国国家情報会議が世界のトレンドをレポートにまとめたものです。

 米国国家情報会議とは、中央情報局(CIA)などの16の情報機関で構成されたアメリカ政府の調査機関です。そこでまとめたレポートはアメリカ大統領をはじめ政府関係者の判断材料として役立てられていて、その信憑性は極めて高いと言われています。

 このレポートで書かれているほとんどのシナリオで、日本は没落国家になっています。
 そして2030年までに世界をリードする最強地域となるのは「アジア」であると分析されています。

 日本には、少子高齢化リスク、人口減少リスク、災害リスク、国家財政破綻リスクなどがあります。日本の抱えるリスクは世界の中でも総じて高いと言われています。日本に戻って地下鉄に乗ると、週刊誌の中吊りはまるで「恐怖新聞」のようですが、まったくのデタラメとも言い切れません。

 「そんなことはわかっている!」とお考えでも、ここでもう一度日本を冷静に見つめることが必要だと思います。そのうえでこの時代をどう生きるかを真剣に考えた場合、事業や財産は決して一か所に集中しないことが重要になります。

 どれだけ必死に頑張っても、縮小し続ける日本国内だけでは限界があります。国内向けだけのビジネスでは、どうしても小さな金儲けや、国内の細かい売上狙いに留まらざるを得なくなります。そして、そうしているうちに海外の企業がものすごいパワーでアジアの新大陸を侵食していきます。

 実は最も危ないのは、日本国内にいるとそれに気づくことがとても困難という点です。

 アジアでネットビジネスを行う理由は、次の3つのキーワードで説明できます。

1. 安い人件費を武器に各種ネットビジネスを日本に提供する
2. アジアのネットビジネス界をリードする
3. 日本とアジアの両方で稼ぐ

 それでは、それぞれについて具体的にご説明しましょう。
(本編に続く…)

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。